超小型人工衛星
Stars-AO

Stars-AO は 静岡大学能見研究室と
民間技術者たちがコラボレーションで開発する超小型衛星です。

Stars-AOについて

Stars-AOは「リーズナブルな軌道上望遠鏡」として、軌道上でありながら地上と同程度のコストでの天体観測を目指します。

詳細

超小型衛星とは

超小型衛星は10cm立方サイズの極めて小さな人工衛星です。開発や打上げが低コストで、普及が期待されています。

詳細

Topics

FM機組み立て開始!~クリーン編~

ついに、FM(フライトモデル)機(ロケットに実際の載るバージョン)の組み立て@静岡大学浜松キャンパスが始まりました! しかし、今回の相乗りロケットでは、FM機の組み立てにはクリーン度が設定されており、ある一定値以下のクリ[…]

Read more

ペットボトルロケット

Stars-AOデータ利用WGから  Stars-AOは1U(約10センチ立方)の衛星なので搭載カメラも小型ですが、搭載カメラのうちサブのほうはさらに小サイズです。このサイズの小ささをフル活用すべく、サブカメラを使った実[…]

Read more

太陽光の方向性反射

Stars-AOデータ利用WGから  太陽、観測対象、人工衛星の空間的位置関係を観測幾何あるいは観測幾何条件と呼んでいます。なにげなく衛星画像を眺めることも多いのですが、人工衛星が地表面を観測する場合、太陽光がどのような[…]

Read more